ランチはさつまいも

お仕事の合間など忙しい時に簡単に食べられるのがさつもいま!!こちらもダイエットにピッタリな食材です。

昔、石焼き芋屋さんが「いしやき~いも」なんて夜にリヤカーを引いて売りに来たんですが、そんなお話し、皆さんはご存知ですか?

東京生まれの東京育ちの私ですが、嘘のような本当のお話し、普通にコンクリートのマンションが立ち並ぶ中、お夜食タイムになると売りに来たんですよ。

焼き芋が大好きだった私は、母に頼んでたまに買ってもらってそれを食べるのが楽しみでした。

そんな過去があったからか、ダイエットにもピッタリだし、安心して食べる事が出来るさつまいもは大人になった今でも大好きです。

実はさつまいももダイエットにピッタリな食材なんですよ!!

さつまいもの何がダイエットに良いの?

鈴木亜子がさつまいも好きなのはわかったけれど、そんなに押すなら何がダイエットに良いの?

と思われた方、順番にお話ししていきますね。

  1. まずビタミンCがとても豊富、ご存知の通りビタミンCには美肌効果がありますが、残念ながら普通ビタミンCは熱に弱いと言われています。ところがさつまいもに含まれるビタミンCは熱に強いビタミンC。ですから加熱して食べるさつまいもを食べればビタミンCをしっかりとる事が出来るのです。
  2. ご飯と比べてカロリーが低いのも特徴です。これとても大事ですよね。同じ量のごはん(白米)とさつまいもを比べてみると、ごはん(白米)150g あたり約250kcal、さつまいも150gあたり約190kcalで、同量のごはんとさつまいもでは主食をさつまいもに変えた方が、約60kcalのカロリーカットになります。
  3. 食品には食後、血糖値が一気に上昇する食品と、緩やかに上昇する食品がありますが、さつまいもは緩やかに上昇していく食品です。糖の吸収が穏やかという事は、血糖値もそれに伴い緩やかに上昇していくので、脂肪がつきにくい身体になります。
  4. 何と言っても私はここに一番の魅力を感じています、それは腹持ちが良いこと。さつまいもは食物繊維を含んでいるので、食物繊維が水分を吸収して膨張し、胃に長く留まりゆっくりと消化されるので、腹持ちがいい食品。ダイエット中に腹持ちが良いなんて、最高ですよね。

さつまいもダイエットのやり方

  • 主食をさつまいもに変える、これにつきます!!
  • 食べ方としては焼き芋蒸し芋がベストです。簡単なのはレンジを使った蒸し芋がお勧めですよ。
  • さつまいもは、皮とおいもの間に沢山の栄養素が含まれいるので、できれば皮も食すことをお勧めします。

焼き芋の作り方

  • さつまいもを洗って、アルミホイルで包む。
  • 150~160℃のオーブンで70~90分焼く。
  • 途中何度かひっくり返す。
  • 串が通るよう柔らかさになったら完成。

蒸し芋の作り方

電子レンジの場合

  • さつまいもよくを洗ってラップで包む。
  • 600Wで5~6分加熱する。
  • 串が通るよう柔らかさになったら完成。

蒸し器の場合

  • さつまいもよくを洗って蒸し器に並べる。
  • 蒸し器に水を半分くらい入れてふたをする。
  • 湯気が出てきたら火を中火にして30分煮る。
  • 串が通るよう柔らかさになったら完成。

さつまいもダイエットの効果を更に高めるために

一度焼きいもか蒸し芋を作り冷凍することで、さつまいもにレジスタントスターチというでんぷんが増えるといわれています。レジスタントスターチとは、難消化性でんぷんとも呼ばれ、消化されにくいでんぷんの事です。消化されずに大腸まで届くので、さつまいもダイエットにぴったりの調理法です。ひと手間かけるだけでダイエット効果が増しますので、是非やってみて下さいね。

最新情報をチェックしよう!