半身浴

休日の朝、時間があるときはゆっくり半身浴をします。実は半身浴にはリラクゼーション効果や美容効果があるのはご存知ですか?

とはいえ、正しく半身浴をしないと効果がないので、今日は半身浴で得られる効果と、正しい半身浴の方法をご紹介したいと思います。

準備

まず半身浴を始める前に、たっぷりのお水を飲んでください。また半身浴をしながら水分補給しても良いので、長めに入る事を予定している場合はコップ1杯のお水をお共に半身浴をしても良いと思います。

浴槽に張るお湯の温度ですが、一般的には3840と言われているそうです。体感的には少し温めのお湯にゆっくりつかるというイメージです。

熱いお風呂が好きな方には、とても温く感じてしまう温度かもしれません。熱いお風呂は、身体の表面がすぐに温まるのですが、身体の芯まで温まっている訳ではありません。時間をかけて身体の中を温める、それが半身浴です。

半身浴は上半身はお湯につかりません。上半身が冷えてしまうと汗をかけなくなってしまうので、浴室は25度程度に温めておくこともポイントです。

浴室暖房機がない場合は、お風呂のふたをあけておくと、湯気で浴室が温まりますし、冬の冷めやすい時期にする場合は、熱めのシャワーを洗い場のところに暫く出してから入ると、底冷えを防ぐことができます。

どんな効果が?

それでは早速半身浴の効果をご紹介しましょう。

  • ダイエット効果→身体の中から温めることにより、血行が良くなり新陳代謝も上がります。そのために年齢がアップして代謝が悪くなりついたぜい肉や、落としにくい部分も効果的に絞りやすくなります。
  • 自律神経を整える→低めの温度のお湯でゆっくりお風呂に入ると「副交感神経」が優位になります。入浴することでリラックス効果が高まり、身体的疲労も穏やかに和らぐため、寝る前の入浴方法としても最適、寝つきが悪い方なども是非、睡眠前に温めのお風呂に入ってみてください。
  • デトックス→低い温度のお湯で時間をかけてゆっくり汗をかくと、毛穴から老廃物が出やすくなり、同時にリンパの流れも促進されて体内の老廃物が排出されやすくなります。また「むくみの改善」にもつながるため更年期の方、お酒を飲んだ後などにも効果が期待できます。

半身浴ってどの位すれば良いの?

一般的に、入浴開始から効果的に発汗するまでは平均20分程度と言われているそうです。ですから20分以上~30分くらいが一般的な時間のようです。私は1時間位入っている事もあります。長く入りたいときは、途中30分位で一旦浴槽から出て、水分を補給し数分休んでから、また続けるといった工夫をしています。

効果的な入浴方法

半身浴は長時間入浴するため、心臓に負担がかからないよう、みぞおちまの辺りまでのお湯の量がベストです。肩周辺には大きな血管があるため、肩を温めるとのぼせやすくなってしまいますので充分気を付けてください。

また、上半身が寒くなるからと、お湯で濡らしたタオルを肩からかける方もいますが私はお勧めしません。実はすぐに温度が下がってきてしまうお湯タオル、上半身が濡れると身体が冷めて逆に冷えやすくなるので注意してくださいね。

半身浴の注意点

さきほど、お酒を飲んだあとの浮腫み改善にも、と記載しましたが、翌日などお酒が抜けている時に半身浴をするようにしてくださいね。間違ってもアルコールが入った状態で半身浴をするような事のないよう、お気を付けください。

また食後すぐの入浴は控えるべきです、胃腸の働きが悪くなるのでこちらも気を付けてください。食後1時間は入浴は控えた方がよさそうです。

 

半身浴の効果から注意点などをご紹介しさせて頂きましたが、いかがでしたか?

意外と知らなかったこともあったのではないでしょうか。体中の血液を循環させる大きな効果がある半身浴、どうせやるなら効果的なやり方と注意点に気を付けて、半身浴で美と健康を手に入れましょう!!

 『鈴木亜子(彩乎)オフィシャルブログ「半身浴」』

最新情報をチェックしよう!