日本人はコロナ太りしやすい

外出自粛が続き、運動不足や過食でコロナ太りになった方もいらっしゃると思いますが、なんと日本は世界でワースト3位、

コロナ太りが多い国だというのです。

1位はイタリアで66%、2位ブラジルが60%で続く中、日本は51%だそうです。

4位はイギリスとカナダで(46%)、6位はオーストラリア(45%)、7位はロシア(44%)、8位はインド(37%)、9位はシンガポール(33%)、10位にドイツ(26%)と続き、11位の香港は25%という結果とのこと。

中にはこの約2ヶ月で9キロ以上太ったという人もいるのですから驚きです。

コロナ太りの主な原因は運動不足とストレスによる過食をあげています。日本人は先進国の中でも自殺が1番多い国であり、ストレスを溜める人が多いため、コロナ太りになりやすい民族かもしれません。

またアルコールの過剰摂取が原因と答えた方も多かったそうですよ。

全て糖質2g以下!食事をしながら糖質オフ!

コロナ太りを防ぐためにできる事

  • 食事は腹八分目にする
  • 1食の主食はご飯なら茶碗1杯、パンなら食パン1枚までにする
  • 主菜(肉・魚・卵・大豆製品)は1食につき1品食べる
  • 揚げ物はなるべく控える
  • 1日2回以上、野菜を食べる
  • 飲酒の際は、炭水化物を控える
  • 甘い清涼飲料水・炭酸飲料を控える
  • お菓子・間食は控える
  • お菓子は家に持ち込まない
  • 休肝日をつくる
  • 寝る2時間前までに食事を終える
  • 夕食後は食べない
  • 肉の脂身・鶏の皮は残す
  • ゆっくりよく噛んで食べる
  • 料理の際、油は計って使う(1食につき小さじ1が目安)
  • 毎日体重を計る
  • 毎日ストレッチを行う
  • 毎日腹筋運動を行う
  • 睡眠は1日6時間以上とる
  • 入浴はシャワーで済まさず湯船に入る
  • 運動できない日は、いつもは掃除しない場所を掃除する

いかがですか?この中で簡単に出来て即、効果があるものが毎日体重を計るです。

毎日測っている人とそうでない人では、体重の落ちるスピードも、落ちる体重の重さも違うというデータがあるそうです。測るときは出来るだけ同じ時間帯にして下さいね。

毎日測ってノートやアプリなどに記録しておく事をお勧めします。

食事については低糖質なパンやスイーツなどをデリバリーしてくれるサービスもあります。

こういったサービスを上手く利用して、楽しくコロナ太りを避けたいですね。

24/7 DELI&SWEETS

24/7 Workoutを運営する株式会社トゥエンティ―フォーセブンのオンラインショップ。糖質制限デリ や糖質制限スイーツをデリバリーしてくれるサービスです。

糖質77.9%OFFのnew rice【TRICE】

米粉を使用しているので本来のお米に近いため、糖質制限中・ダイエット中でも白米を食べている感覚。無理なくダイエットが出来るので心強いダイエット食品です。

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」

1食当たり最安499円~。ただいま500円OFFキャンペーン実施中です。和食には和食を得意とする、フランス料理にはフランス料理を得意とする…、 というように、すべての料理ジャンルごとに専属のシェフを採用し、「美味しく」健康的なお食事を提供することに拘っているのが特徴です。

 

最新情報をチェックしよう!